【ここだけは要チェック!】ブラック企業の見分け方!

転職活動

こんにちは

たろうです。

【ボク(たろう)の公式LINEはこちら💁

9月も中旬に差し掛かり、転職活動をそろそろ始めようかと思う方も出てくる頃かと思います。

ボク自身は、ちょうど一年前の9月に国立大学の職員採用の内定が出て、

引き続き、私立大学の職員採用へ向けて準備を進めている最中でした。

転職活動は孤独で、不安が常に付きまといます。

なかなか内定を獲得できないと、

「もう私には無理なのかな?」

「もっと内定の取りやすい業界、業種で
 妥協しようかな?」

「今の職場でガマンしようかな?」

このようなネガティブな思考に襲われることも少なくないと思います。

お気持ちは痛いほど分かりますが、

転職経験者の立場から一言だけ。

『転職活動は絶対に妥協せず、自分が納得できる内定を掴むまで続けてください』

これは絶対に約束してもらいたいと思います。

理由はシンプルで、転職活動はあくまでも、

『人生を変えるための手段であって、目的ではなく、転職後にアナタが輝き続けること』

が最大の目的となります。

今、転職がうまくいかなくて、辛い思いをしている人も多いでしょうが、その辛さはアナタの将来に必ずつながっています。

もし、中途半端な転職活動で終えてしまっては、結局は改善したい項目が満たされず、再度転職を繰り返すという、

最悪のシナリオを迎えてしまうかもしれません。

そのためにも、転職初期に掲げた、『転職の軸』は最後まで貫くようにしましょう。

ちなみに、転職の軸の見つけ方は、以前のブログ記事にて紹介していますので、後ほどお読みください。

【絶対に押さえてほしい!】
最初にすべき自己分析とは?

ただ、内定を掴み取るための大きな壁として、

「どの企業を選べば良いかわからない…」

「次の企業もブラックだったらどうしよう…」

「絶対にホワイト企業に入社したい!」

という悩みや願いを持つ方は多いと思います。

そんなアナタに向けて、このブログでは、

・注意したいブラック企業の特徴

・ホワイト企業を判断する基準

をお伝えします。

転職で人生を変えたい!

今のブラック職場から抜け出したい!

という強い決意をお持ちの方は、ぜひ最後までお読みくださいね。

ボクがアナタの理想の内定獲得までサポートします。

もう最後まで走り抜ける覚悟はできましたね?

では、一緒に進んでいきましょう!

ブラック企業の特徴10選!

では、まずブラック企業の特徴を紹介していこうと思います。

ブラック企業と言われて、どのようなイメージを持ちますか?

おそらく多くの方が、

・長時間労働、残業を強いられる

・離職者が多い

・休日が少ない

・ハラスメントが横行している

などが挙げられるかと思います。

ただ、これらの特徴を持つ企業も、採用などのフェーズでは体裁を良く見せるのは当然です。

じゃあどうやって見分ければいいのか?

おすすめは、『求人票』の危険ワードに目を向けることです。

1️⃣ アットホームな会社

これは、ブラック企業の代表する危険ワードと言えます。

そもそも、アットホームかどうかは入社後でしか判断できませんし、そう判断するのは企業側ではなく、従業員です。

入社後、休日も付き合いが多かったり、職場の雰囲気が良くなかったりすることも非常に多いと考えられるでしょう。

2️⃣ 正社員登用制度あり!

これは、採用時に気をつけておかないと、入職後に自分自身が思い描いていた契約と異なるという事態につながりかねません。

あくまでも、そのような制度があるだけで、必ずしも正社員になれる保証はありませんので、もし、正社員を希望するのなら、

採用時から契約内容にも注意を払っておく必要があると言えるでしょう。

3️⃣ やる気がある方大歓迎!

求人票にてやる気を求める企業はブラック企業である可能性が高いです。

そもそも働く上で、自身のやる気や責任感を持って全うするのは当たり前ですし、具体的な能力、資質を明記していないところも危険です。

4️⃣ 未経験者大歓迎!

これも少し注意が必要な求人ワードと言えます。

未経験者歓迎=誰でも良いと解釈でき、それだけ従業員の入れ替わりが激しく、ブラックな働き方を強いられる可能性があります。

自分がその企業に本当に必要とされているのかも、企業選びの重要なポイントと言えるでしょう。

5️⃣ 残業月20時間程度

残業時間の記載にも細心の注意が必要となります。

求人票に記載の残業時間は、本来の残業時間よりも低く見積もるのは当然ですし、最低でも記載の残業時間以上であることを表しています。

また、残業代に関しても「みなし残業20時間」との記載があれば、毎日1時間の残業が当然で、残業代の支給もないことを示しますので、

転職後のギャップを防ぐためにも、入念にチェックしておきましょう。

6️⃣ 若手が活躍中!

若手から活躍できると言われると、一見、やりがいもありそうで良い企業のように思われますが、

それだけ入社後に重い業務を任されることや長時間労働を強いられることも考えられるでしょう。

7️⃣ 幹部候補生募集中!

これも、先ほどの若手が活躍中!と同じく早い昇進を見込めそうですが、役職登用をさせて、残業代の削減を図り、

その分、馬車馬のように働かされる未来も考えられます。

これらは、パッと見ると、こちらにとってメリットが大きそうですが、すぐに信じ込むのではなく、熟考することが重要ですね。

8️⃣ いつでも入社可能!

企業によっては、一年中求人が出ている企業や今すぐにでも入社して欲しい!と記載のある企業も少なくはありません。

求人が出ている=離職者が出ていると判断できますので、それだけ離職率が高く、ブラックな働き方を強いられる可能性があります。

求人が出ているからといって、安易に飛びつくのは非常に危険と言えますね。

9️⃣ みなし労働時間制

これは先ほどの残業時間と似ていますが、具体的には、外回りの出張などで実際の勤務時間と移動時間の合計が10時間である場合でも、

移動時間は残業としてみなされず、8時間分の給料しか支給されないものとなります。

このみなし基準は企業によって異なりますので、どのような条件下で何時間分の給料が支給されるのかをしっかり判断しましょう。

🔟  週休二日制

最後は休日の日数に関してですが、完全週休二日制との違いを知らずに入社する方も中にはいらっしゃいます。

完全週休二日制とは、毎週二日間休みが設定されていることを指し、

週休二日制とは、一か月に一回以上週休二日の週があることを指します。

よって、一週間に二日休みがあると思っていたが、実際は違った…なんてことが起こりうる可能性があるので、注意しておきましょう。

以上、求人票での危険ワードを紹介してきましたが、大事なのは、「求人情報を全て鵜呑みにしないこと」です。

企業側のイメージアップにつながることしか記載されていないかもしれない…としっかり疑う視点を持っておくことが重要だと言えます。

ホワイト企業の特徴!

では、次にホワイト企業の特徴をお伝えしていきます。

①離職率が低い(継続年数が長い)

②残業時間が短い

③求人の出ている期間が短い

④給料が高い

⑤福利厚生が充実している

⑥社員の裁量が大きい

⑦有給休暇の取得率が高い

ここで、一つ注意ですが、ホワイト企業と感じる基準は人それぞれですので、自分自身の転職の軸とも相談して決めるようにしてください。

ボク自身が、小学校教員から大学職員に転職しましたが、先ほど挙げた特徴のうち、

①離職率が低い(継続年数が長い)

②残業時間が短い

③求人の出ている期間が短い

④給料が高い

⑦有給休暇の取得率が高い

以上の項目が当てはまったことが転職先として選んだ要因となります。

もちろん、転職の軸やホワイト企業だと判断する基準が異なりますので、自分自身に合った転職先の選定を進めてくださいね。

もし、

「自分に合った転職先が見つけられない…」

「判断できそうにない…」

というアナタは、次の基準で判断するようにしてみてくださいね!

ホワイト企業認定制度

では、最後にホワイト企業を転職先に選ぶための秘訣を伝授しようと思います。

企業のホームページや口コミサイトには、企業の情報が溢れていますが、良い面ばかりであったり、信憑性が低いものも多々あります。

それを解決できる方法として、

ホワイト企業認定制度

を参考にすることをオススメします!

このホワイト企業認定制度とは、厚生労働省や経済産業省がホワイト企業だと判断できる基準を設け、

その基準を達成している企業を認定することで、企業側にとっても、転職者にとってもメリットを生み出そうとする制度となります。

今回は具体的に、5つのホワイト企業認定制度を紹介します。

❶健康経営優良法人(経産省)

このマークは「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」を指し、

企業の働きやすさや健康への配慮の指標
を示すものとなります。

転職することができても、働き続けられなければ元も子もないので、企業の職場環境のリサーチは必須ですね!

取得法人は、セブン&アイ、東芝、富士通など3290社にも上ります。

❷ホワイトマーク(厚労省)

このマークは

「労働安全衛生法に沿って労働者の安全や健康を確保する対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善している企業」を指し、

働きやすい職場づくりを企業全体が一体となって実現し続けている証明となります。

昨今の労働市場では、多くの人が職場の労働環境に対して強い関心を示しており、福利厚生や健康面の保証を確保するには要チェックだと言えるでしょう。

具体的な取得企業としては、

トヨタ、富士フィルム、ニチレイなど34社に上ります。

❸ユースエール認定(厚労省)

このマークは、
「若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況など優良な中小企業」を指し、

若者が働きやすく成長できる企業として国の認定を受けた証明となります。

近年の新卒者の3年以内の離職率は平均30%を超えているため、

若者が働きやすく、継続して勤務できる環境どうかを知るためにはもってこいの認定だと言えます。

また、このユースエール制度は従業員300名未満の中小企業が対象であるので、

大手ではなく、中小企業へ転職を考えている方は必見だと言えるでしょう。

❹(プラチナ)えるぼし認定(厚労省)

このマークは「女性の活躍推進に関する状況等が優良な企業」を指し、

女性の活躍を推進する企業として国の認定を受けた証明となります。

女性はどうしても出産や育児にて、職場を離れることを余儀なくされている現状があり、

女性の働き方に配慮した職場を把握するためにも重要な指標だと言えるでしょう。

中でも、プラチナえるぼしを取得している具体的な企業としては、

ドコモ、ヤマハ、Z会など42社に上ります。

❺(プラチナ)くるみんマーク(厚労省)

このマークは「仕事と子育ての両立支援に積極的に取り組んでいる企業」を指し、

子育てサポート企業として国の認定を受けた証明となります。

子育て世代にとって、長時間労働や残業、育休取得の有無は非常に大きな争点となります。

自分および家族の将来を考えたときの企業選びをする上で、重要な指標だと言えますね。

特に、プラチナくるみん認定を取得するには、男性の育休取得率が30%以上という基準もあり、

子育てサポートを推進している企業であると判断できるでしょう。

このプラチナくるみんを取得している具体的企業は、

三井住友カード、味の素、ライオンなど594社にも上ります。

以上、政府認定のホワイト企業認定制度を紹介してきましたが、どの基準を重視するかはアナタ次第となっています。

やはり転職活動の成功には、自身の転職の軸とのマッチングが必須だと言えますね!

最後に。

いかがでしたか?

今回は、ブラック企業の見分け方やホワイト企業の特徴についてお伝えしてきました。

転職希望者のおそらく大半が、ホワイト企業に転職したいという願いを持っていると思います。

ですが、それを願うだけでは、ホワイト企業への転職は叶いません。

しっかり情報収集を重ね、内定獲得まで正しい方法で、正しい努力を重ねることが重要となります。

ボク自身も公務員からの転職で、就活すらしたことのない状況から、ホワイト企業である、

『大学職員』に転職することができました。

これも全て、転職を絶対に成功させてやるという『決意』と『覚悟』、最後までやり遂げる『根気』のおかげとなります。

アナタの転職したい気持ちはどの程度ですか?

何となく、どこでもいいから転職したい!

こんな生半可な気持ちでは、

絶対に失敗します。

ぜひ、転職と本気で向き合ってもらいたいと思います。

もし、転職を進めていく中で、迷ってしまったらいつでもボクが相談に乗りますので、いつもでおっしゃってくださいね!

ボクはいつでもアナタの味方ですからね。

では、アナタの転職が上手くいくことを願いつつ、この記事を終わらせていただきます。

最後までお読みおいただき、

誠にありがとうございました。

【ボク(たろう)の公式LINEはこちら💁

P.S.

現在、公式LINE登録者限定で、

『無料電話相談』受付中です。

アナタが今抱えるお悩み解決や
Noteでは書きづらい転職活動時の
本音もお伝えできますので、

ぜひこのチャンスを活かしてくださいね。

先着5名で締め切りますので、
申し込みはお早めに!

たろう。

【ボク(たろう)の公式LINEはこちら💁

コメント

タイトルとURLをコピーしました