【誰もが欲しがる!】志望動機の見つけ方!

転職活動

こんにちは!
たろうです!

突然ですが、
あなたは目立つタイプですか?

それともあまり目立たず、
ひっそりと生きるタイプですか?

子どもの頃から、
みんなの前に立つのが好きで、

クラスを引っ張っていくタイプの人。

よく友達の悩みを聞く側に回り、

本当に心の許せる友達には
自分を出して過ごせるタイプの人。

ちなみにボクは・・・
世にも珍しいハイブリット型でした

子どものころは、
知らない人にも果敢に話しかけに行く、

非常に積極的な少年でしたが、

成長していく中で、周りの目を気にして、
遠慮ばかりするようになりました。

残酷な現実をお伝えします。

皆さんがこれから力を入れていくであろう、『転職活動』においては

リーダータイプが圧倒的に有利です!

これは紛れもない事実です。
受け入れてください。

ボクの話を聞いて、
『じゃあ私には転職なんて無理なんだ・・・』『一生ブラック企業で我慢するのか・・・』

と思われた方。

安心してください。
あくまでも“有利”なだけです。

今から皆さんに大切なことを
お伝えします。

転職活動を成功させるコツは、

自分を理解して、
誰もが欲しがる志望動機

を見つけることです!

これに関しては、
自分の性格やタイプは関係ありません!

これを見ればすぐ分かる!
意外と知られていない
“自分の強み”を見つけ方!でお伝えした、


『自分の強み』を意識することで、
周りとの差別化を図ることができます。

どうせ自分なんて、何をやってもダメだと
ネガティブになっているそこのあなた!!

自分の人生を変えるには、
行動するしかありません。

今からあなたを転職エリートに導きます。

走り出す覚悟はいいですか?
では、一緒に人生を変えに行きましょう。

面接で重視されるのは〇〇

転職活動を進めていく中で、
避けては通れないものが

面接試験です。

もちろん、SPIなどの筆記試験も
実施されることが多いですが、

あくまでも最低限、常識レベルの学力を
測っているだけにすぎますので、

皆さんが転職活動を成功させるために
時間を割くのは、面接対策になります。

ここで一度、
面接官の気持ちになってみましょう。

自分が面接官なら、どんな人を
採用したいと思うでしょうか?

また、この人はちょっと採用を見送ろうと
判断するのでしょうか?

ボクが面接官なら、

❎ どこか自信がなさそうな人

❎ 自分のやりたいことがない人

❎ 発言と行動が合っていない人

❎ 清潔感のない人

これらに当てはまる人は採用しません。

理由はもうお分かりだと思いますが、
入社してからの姿が見えにくいからです。

そもそも、なぜ企業はお金も時間もかけて、
何回も面接試験を実施すると思いますか?

答えは簡単で、自分の企業にとって良い人材を採用するためです。

では、“良い人材”とは何か?

具体的に言うと、


将来的に企業の経営に携わり、より一層の
企業の発展に貢献してくれる人を指します。

もちろん、
実際に仕事を見てもらうわけではないですが、最大のアピールポイントですので、

自信を持って、自分を表現しましょう!

企業側に
『この人ならうちに入っても、一生懸命、
前向きに頑張ってくれそうだ!』
と思わせればこちらの勝ちです。

“なぜ”を追求する

転職活動を制するには、『なぜ』をとことん
追求することが必要です。

まず皆さんは、転職を決意した時の気持ち
を必ず覚えておいてください!

転職活動は一日、二日で
結果が出るものではなく、

地道な努力の積み重ねが『内定』
というゴールに向かっていきます。

きっとなかなか結果が出ず、
挫けそうになる時もあるでしょう。

その時に、
『なぜ』転職活動を始めたのかを
思い出して踏ん張ることが大切です。

志望動機を考える際にも、
『なぜ』が重要になります。

✅ なぜ、この業界を志望したのか?

✅ なぜ、この企業を選んだのか?

✅ なぜ、現状維持ではいけないのか?

✅ なぜ、現職のままではいけないのか?

これらの質問は転職の際に、
必ずと言って良いほど質問されます。

当たり前ですが、

『自分の興味のある業界だから』
『他の企業よりも給料が良いから』
『今の仕事に疲れたから』
『もういやになったから』

といったように、
自分の気持ちに正直に答えすぎると落ちます。

大事なのは、

自分との共通点を
論理的にアピールすることです。

例えば、『自分が新しいものが好き』なら、

従来の分野に加え、時代に合わせた事業拡大
を行なっていく風潮に惹かれました!

『キャリアアップしたい』なら、

ターゲットとする分野に対して、
売上を伸ばすという結果にコミットしているところに惹かれました。

このように、

その企業でないといけない理由を見つけることで、周りとの差別化を図ることができます。

そのためにも必要なのが、情報収集です。

ただやみくもに検索しても意味がありません。

最低限、
次に示す項目は調べるようにしましょう。

✅ 企業名

✅ 企業の特色

✅ 経営理念

✅ 事業計画、経営計画

✅ 主力商品、ヒット作

✅ 企業ホームページ

✅ 力を入れている事業

✅ 広告

あくまでも、最低限ですよ。

その企業に入社して、自分はどの部署で、
どのようにして貢献していきたいのか、

面接官に、将来のあなたの姿
を想像させることができれば、

内定はすぐそこです!

振る舞いと言葉の一致

企業での将来の姿をイメージした
あなただけの志望動機
を考えて満足していませんか?

あとは、いかにして、
自分の志望動機とあなたの振る舞い、
雰囲気を一致させるかです。

例えば、

『私は御社の、従来の分野だけではなく、時代や顧客のニーズに合わせて、積極的に事業展開を進めていく経営方針に惹かれ、

前職で培った経験を活かし、売上実績に貢献していきたいと考えております。』

と、バリバリの営業をアピールする際に、

表情が暗かったり、
どこか頼りなさそうな雰囲気
を感じさせてしまったりすると、

将来の姿をイメージさせることができません。

しかし、面接の雰囲気や振る舞いを
自分で判断することは難しく、

面接指導をお願いすると、
それなりの費用もかかってしまいます。

そこで、ボクのおすすめ方法があります。

その方法とは、
『自分の受け答えを録画する』ことです。

正直、
自分の面接の姿を見るのは、
恥ずかしいですし、

自分で見たところで
何が変わるのかと思いますが、

客観的に見るのは非常に大切で、
いかに自分の表情が硬いのか、
心なしか暗い雰囲気で話しているのか

などたくさんの気づき、発見があります!

面接試験には本番一度きりなので、


いかに自分が普段から、本番を想定し、訓練しておくかが成功の鍵になります。

本番を迎えるに当たって、

『これだけ準備したから、
万が一落ちても悔いはない』

と思えるまで努力を続けてください!

まとめ

いかがでしたか?

自分がなぜ転職を決意したのか。

この思いが何よりも大事です。

なぜなら、転職活動は、

孤独と忍耐との闘いです。

初めのうちは、

自分が正しい方向に向いているかすら
分からない状況なので、

時間を無駄にしてしまっている
感覚に陥ります。

また、あなたの周りを見渡すと、あなたの大好きな“誘惑”に囲まれていませんか?

5分だけ、10分だけ休憩しよう。
また明日続きから始めよう。

断言しておきます。

今日頑張れない人に成長はありません。

辛いですが、将来、必ず
『あの時行動してよかった!』
と思えるはずです。

その未来を掴めるかは、

他の誰でもなく、あなた次第です。

大切なのは、あなたの周りで

同じような悩みを抱えている人、または、
抱えていた人を探すことです!

きっと、

辛い時の支えになってくれることでしょう。

どれだけ探しても、見つからなければ、
ボクまで連絡ください。

転職を経験した身として、
あなたのことを全力で助けます!

近い将来、あなたが無事転職を終え、

素敵な表情で、
充実した人生を送っていること
を願っております。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

たろう

p.s.

転職で現状を変えたい!

時間にゆとりを持たせたい!

もっと自分の価値を高めてみたい!

という方向けに
情報を発信しています。

公式LINE限定の
情報も多数ありますので、

必ず転職を成功させたい!という方は
登録してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました