【絶対に押さえてほしい!】最初にすべき自己分析とは?

転職活動

こんにちは

たろうです。

【ボク(たろう)の公式LINEはこちら💁

8月も下旬に差し掛かろうとしており、2023年も残すところ、あと4ヶ月というところまでやってきています。

2023年度当初に自分が立てたであろう目標を今の段階でどれくらい達成できているのか?

目標に向けて走り続けるのと同時に、一旦立ち止まって修正することも大事だと感じています。

さて、転職市場では、お盆明けということで少し落ちついている状況かと思います。

この時期に転職の準備をガッツリ進めておくことが将来的に内定を獲得できる要因になるはずです。

そんな中、転職希望の方からこのような質問を受けました。

「転職したいと考えているけど、何から始めれば良いか正直分からない…」

「今の職場よりも劣悪な環境に入植してしまったらどうしよう…」

といった、転職活動の進め方についての不安が寄せられました。

ボク自身も昨年度、小学校教員から大学職員に転職しましたが、最初は何をすればいいか分からず、何となくで進めていました。

断言します。

転職活動を何となくで進めているうちは決して自分の理想とする内定先を獲得するのは不可能です。

仮に、運よく内定を獲得できても、結局今の職場と同じような悩みを抱え、再度転職する、

『最悪のシナリオ』を辿ることになります。

せっかく人生を変えるために転職を志すなら、

『正しい方法で、正しい努力』を積み重ねて欲しいと思います。

ちなみに、ボク自身はこの4月から大学職員に転職しましたが、今までの生活がウソだったかもように幸せな毎日を過ごしています。

転職前の状況としては、

❌ 毎日朝7時〜夜20時までノンストップ労働

❌ 月残業時間80時間以上

❌ 残業代は何時間働いても月9000円

❌ 過度なストレスによる心身の支障

❌ プライベート時間0

という絶望的な状況から、

✅ 毎日9時〜17時の定時退勤

✅ 月残業時間10時間未満

✅ 残業代も全額支給

✅ 心と時間にゆとりを確保

このような理想的な生活を手に入れることができました。

正直、ここまで変わることができるのかと驚いたほどでしたが、

人生を変えることはできたのは、紛れもなく、

『ボク自身の行動』の結果だと言えます。

自分が現状から抜け出したい!

これから先もこの人生を続けるのはゴメンだ!

と強く願い、努力し続けられたからです。

アナタは今、転職を始めようとしているか、

転職をしようか迷っている状態でしょう。

ボクから言えることは、今アナタが持っている『転職へのやる気』を大事にして欲しいです。

そのやる気は長続きするものではなく、明日にでもなくなってしまう可能性は十分考えられます。

ですので、せっかくのチャンスである、

『今日』いや、

『今、この瞬間』に動き出してください。

そうすれば、アナタの人生は大きく変えられると思います。

そんなアナタの背中をボクは押したいと思い、転職のノウハウを発信しています。

もし、アナタが本気で人生を変えたいと思っているのなら、この記事を読み進めてください。

では、転職で理想の未来を掴み取りにいきましょう!

転職の主な流れ

転職活動と言われて、どのような流れで進めていくのか、イメージできますでしょうか?

転職を決意して、ゴールとなる『内定獲得』までを簡単に説明しますと、

1️⃣ 転職を決意

2️⃣ 自己分析

3️⃣ 転職の軸の決定

4️⃣ 志望理由の洗練

5️⃣ 書類選考に応募

6️⃣ 面接試験

7️⃣ 内定獲得

といった流れとなります。

この流れで転職活動を進めていく上で、
最も重要な過程はどこだと思いますか?

おそらく、選考の中で最も比重の大きい面接の対策と答える方が多いのでは無いでしょうか?

これは大きな間違いです。

実は、2️⃣ 自己分析 

が最も内定を獲得するために
大事な過程となります。

自己分析が大事だというと、

「自己分析って自分のことでしょ?」

「元々わかりきってますが?」

「そんなことに時間と労力をかける必要があるの?」

こんな甘い考えを持っているなら、今すぐ捨ててください。

『自己分析』が転職の全てを握っていると言っても過言ではありません。

一体なぜそこまで『自己分析』が重要視されているのか…詳しく説明していきますね。

自己分析が全ての始まり

自己分析の重要性を伝える上で、転職活動をする上で、言語化しておくべき項目を紹介します。

大きく分けて、

❶ 転職の軸

❷ 志望理由

の2つが挙げられます。

転職の軸

まず、❶転職の軸に関してですが、

これを一言で言い表すと、

自分が絶対に叶えたい基準はどこか?

となります。

これは自分が転職を決意した理由にも関わってくると思いますが、

・転職でどの部分を改善したいのか?

・転職に至った理由は果たして何なのか?

・転職後に叶えたいことは何なのか?

ちなみに、小学校教員だったボクの場合では、

・毎日の長時間労働、休日出勤は耐えられない

・このままだと心身ともに支障をきたしそう

・プライベートの時間を確保したい

といった具合で、『ワークライフバランスの保たれた環境で充実した毎日を送りたい』がボクの転職の軸として定めました。

裏を返せば、給料面やキャリアアップは度外視して、企業を選ぶ基準にしていました。

もちろん、ボクと同じようにワークライフバランスを重視する方もいれば、給料アップやキャリアアップを望む方もいるように、

「転職の軸」は人ぞれぞれとなります。

ですので、自分が果たしてどのような基準で転職先を選んでいくのかを明確にするためにも、

『自己分析』が必須となります。

志望理由

次に、❷ 志望理由についても、自己分析が非常に重要な働きをします。

転職の際に、多くの場合に求められる履歴書や職務経歴書にて記載する項目として、

「自分の強み」や「志望理由」

が挙げられます。

ここで注意すべきなのが、前職での業務や培った資質等を事実の羅列のように書いてしまうことです。

加えて、自分の視点ばかりで書いてしまい、転職後のイメージが全く面接官に伝わらないことがあります。

これらの状況では、理想の内定を掴み取ることは難しいと言えるでしょう。

それを避けるために、非常に重要なのが

『自己分析』です。

自己分析をするメリットとしては、

・自身を客観的な視点で振り返ることができる

・自身の強みや長所を把握し、志望動機に繋げることができる

これらが挙げられ、より説得力のあるアピールに繋げることができます。

転職にて内定を獲得できる人の特徴として、

『面接官の視点でアピールすることができる』

と挙げられます。

面接官が、「この人と一緒に働きたい!」

「この人にならウチの将来を任せられる!」

とイメージさせることが内定への絶対条件ですので、〝面接官視点〟を常に意識しましょう。

自己分析のおすすめ方法

ここまで自己分析の重要性を説明してきましたが、アナタの中での疑問として、

「自己分析が大事だと分かったけど、正直どのように進めていけばいいかが分からない…」

と浮かんでいるのでは無いでしょうか?

最後に、『自己分析』の進め方を徹底解説したいと思います。

昨年ボク自身が自己分析を始める時にも、実践した方法ですので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

それは、「自己分析ツール」を使うことです。

自己分析ツールとは、自己分析に関する質問にアナタの本心で答えていくことで、

客観的な視点で見た、アナタの強みや適性職業などが分析結果として表示されるといったものです。

自分自身で、紙に書き出すことももちろん大事ではありますが、転職中は何よりも時間が足りないです。

ボク自身もそうでしたが、転職者の多くが現職を続けながら、裏で転職活動をしているため、効率的に進めていくことが求められ、

自己分析ツールを使うことは非常に理にかなっていると言えるでしょう。

では、転職経験のあるボクが実際に活用したおすすめの「自己分析ツール」をご紹介します!

✅ グッドポイント診断 (リクナビNEXT)

【おすすめポイント】

  • 18種類の性質の中からあなたの強み
    を5つピックアップ!
  • 診断結果を元に簡単に自己分析ができる!
  • サイト求人の応募時に診断結果を活用
    (添付)できる!

⭐️結果に納得!無料で自己分析

「診断時間が30分の時間制限制。質問量が
とにかく多く、実際に30分近くかかってしまうのが正直面倒かも…」


質問に対して該当するボタンを選択していく
システムなので、作業としては楽だけれど、

逆に量が多くて単調な作業が苦手な人はうんざりしたり、飽きてきたりする人もいるかもしれません。その分診断の精度は信用できます。


5つの性質を細かく提示してくれるので、
自分で気づけなかった本質なども知ることができると思いますし、



診断結果を読むのも自己分析ができておもしろいです。


ただし、登録しないと受けることができないのは、手軽さ的には負担を感じてしまうかも。

もちろん無料ですので、ご安心くださいね!

✅ ミイダス

【おすすめポイント】

  • 登録の流れで市場価値診断ができる!
  • 診断が終わるとその場で市場価値と
    あなたに合った企業をピックアップ!
  • 会員登録で企業からオファーが来て
    面接確約!

⭐️診断後にあなたの市場価値に合った求人が
ピックアップされる

診断時間は5分程度。



診断からの流れでそのまま登録作業も完了するため、診断結果やツールに納得できれば最後に登録ボタンを押せば、



あとは企業からのオファーを待つだけです。


診断後すぐにあなたの市場価値や希望に合った案件がピックアップされてくるので、



「本当に来るの?」といった不信感も
ほとんど感じられません。


登録前に診断でき、ツールに納得できなければ登録せずに済むのも負担に感じないです。

✅ 3分間!適職診断!

【おすすめポイント】

  • たった3分で簡単適職チェック
  • 価値観と隠れた性格をチェックして
    適職診断
  • 登録などの面倒な手順は踏まずに
    利用できる

⭐️たった3分で価値観と隠れた性格から
  適職チェック

会員登録や個人情報の入力などを一切せずにその場で受けることができるため、負担に関しては全く感じません。



本当に3分で回答できます。



ただやはり他のツールでも言っているように、簡単3分診断のため、信憑性については微妙。



質問内容もかなり簡易的に感じます。目新しく考えさせられるような設問もないため、人によっては物足りないと感じてしまうかも…。



ただ「やりたいことがいっぱいあって脳内や気持ちを整理したい」人や、逆に「何をやったらいいのかよく分からないのでヒントが欲しい」



などと思っている人には、自分の気持ちを整理できるツールかもしれません。

これらの自己分析は基本無料で使うことができるので、転職を始める際には必ず活用されることをオススメします。

ボク自身、転職の初期段階で何をすればいいのか迷っていた時に、これらの自己分析を取り入れました。

まずは自分自身を知ることが転職の基本ですので、客観的に判断される結果を活用してくださいね!

最後に。

いかがでしたか?

今回は、転職を進める上で、最も重要な

『自己分析』のやり方を紹介しました。

何度も言いますが、転職活動は情報戦です。

どれだけアナタが真面目で、一生懸命でも、間違った努力をずっと続けていても、内定は決して掴み取ることはできません。

自分の実現したい未来から逆算して、今すべきことは何かを判断して進めていくことが大事になります。

正直、転職活動は孤独で、
ツラいことの連続です。

なかなか結果が出ず、何度も諦めようかと思ったことがあります。

ボク自身も、大学職員の書類選考で30連敗した時はもう自分には向いていないと思いました。

でも、そんな自分を突き動かしたのは、転職を決意した時の、

「絶対に現状から抜け出してやる!」

「転職で人生を変えてやる!」

といった強い思いでした。

もし、アナタが本気で人生を変えたいと思っているのなら、内定を獲得するまでやりきってみてください。

何度失敗してもいいです。

大事なのは、最後までやり切ることです。

一社でもいい。アナタの理想の一社から内定が出れば、全て報われます。

もし、これから先、転職を進めていく中で、どうしようか分からず、不安になってしまったらいつでもボクまで連絡してくださいね。

同じく、転職を経験した者として、全力でサポートさせていただきます。

では、アナタが転職で理想の未来を手に入れることを願いつつ、このブログを終わらせていただきます。

最後までお読みいただき、

誠にありがとうございました。

たろう。

【ボク(たろう)の公式LINEはこちら💁

P.S.

現在、公式LINE登録者限定で、

『無料電話相談』受付中です。

アナタが今抱えるお悩み解決や
Noteでは書きづらい転職活動時の
本音もお伝えできますので、

ぜひこのチャンスを活かしてくださいね。

先着5名で締め切りますので、
申し込みはお早めに!

たろう。

【ボク(たろう)の公式LINEはこちら💁

コメント

タイトルとURLをコピーしました